2017年7月23日日曜日

夏のオープンキャンパス!


 こんにちは!

 今日はオープンキャンパスでした。曇っていましたが、それでも京都の夏というような暑さです。

 3Dスキャンと考古学体験チームに分かれ、見学にいらした方々へ考古学や研究室の活動について紹介しました。 
 拈花館では模擬授業が大盛況!一昨年の調査で出土した甲冑形埴輪とお邪魔して、こちらでも考古学の紹介をさせていただきました。

 考古学研究室では古銭や瓦の拓本体験を用意し、平安時代の遺物を展示しました。

 今回は夏休み最初のオープンキャンパスで、前回まで以上の賑わいがありました。

 もし来ることができなかった方も大丈夫!8月の5日、6日、20日に行われるオープンキャンパスにも参加します。  次回は考古学体験・3Dスキャンに加え、屋外で実測も行う予定です。

 次のオープンキャンパスで会いましょう!


フクマ

2017年7月21日金曜日

前期最後の実習


 お久しぶりです!
 
 最近はどんどん日差しも強くなり、気温も高くなりました、熱中症にならないよう気をつけてくださいね。

 今日は前期最後の考古学実習です。
 校内の中庭にある石室の図面取りを行いました。今日は日差しも出ていましたが、風が吹いていたので気持ちよく講義を受けることができました。

 石室には前もって測っておいた杭やチョークで書いた目印を頼りに模造紙へ書き写していき、
コンベックスで長さを測る人、図面に写し取る人に別れて作業を進めていきます。
 最初はお互いに指示を出し合いながら作業を進めるのが不慣れで作業のスピードが遅く、なかなかうまくいきません。
 ようやくお互いに作業のコツをつかんだ途端に通り雨が降ってきて作業を切り上げることになりました。

 今回の実習は、実際にどうやるのか本物の場所と道具を使った本格的なものでした。
 その分、雨で作業ができなくなったのは悔しいですが、このくやしさを後期にぶつけたいと思います。
作業風景 先生に教えられています

 話は変わりますが八月の発掘調査に向けての準備もいよいよ大詰め、研究室一同でがんばっていきます。
 
フクマ

2017年7月4日火曜日

準備を進めています

 こんばんは。
 
 早くも台風がやってきましたね。
 雨がよく降りましたが、京都府南部では警報は出ず一安心です。
 このところ雨続きなので、土砂災害などには注意したいですね。

 さて、研究室では先々週から定例研究会はお休みし、夏休みの発掘調査に向けた準備を進めています。

 ブログに書いた測量機器の扱いの練習以外にも、具体的な調査区を検討したり、シャベルやガリなど発掘の道具を用意したりしています。
 また、今回の調査では、自分たちで食事を用意することになるため、必要な調理器具を持ち寄る打ち合わせなどもします。

 調査の開始があと一ヶ月ほどに迫り、作業をうまく進めていけるだろうかと不安も感じますが、トラブル無くスムーズに調査を行えるよう、しっかりと準備をしておきたいです。

 調査の前に前期試験があるため、レポートや試験勉強も並行して進めていきたいですね。

ふじなみ

2017年6月30日金曜日

レベル初体験


  こんにちは。

 今回は中庭でレベルという機械をつかって、測量練習をしました。
 計算を使うと聞き、最初は基準や読み値が難しく戸惑いましたが、先輩が計算の方法や、数字の出し方をやさしく教えてくれたのですこしずつ分かるようになりました。
 
 今回、練習して分かったことは
 機械高=基準+読み値 標高=機械高ー読み値 読み値=機械高ー探したい標高
この三つの計算で測るということです。
 
 レベルの使用用途がはじめは分かりませんでしたが、教えていただくことで発掘調査で使うことが分かりました。
実際にレベルを使う場面では、先輩の力に頼らずに自分で、できるよう計算する力をあげていけるよう努力していきます。

レベルの練習中

コウヘイ


2017年6月23日金曜日

トランシット練習

 こんばんは。

 今回は、夏の発掘調査で使うトランシットの勉強をしました。

 始めに、研究室で上回生の人からトランシットを使う目的などを教えていただきました。
 その後、外に出て測量機器を使い実際に測量を行いました。機材を水平にする作業が難しく時間がかかってしまいました。機材を設置し終え、計測してみるのですが目標の位置から少しずれていました。細かな誤差の修正が大変でした。

練習の様子
夏の調査では一つの場所にあまり時間をかける事は出来ないので、手早く出来るように頑張りたいと思います。

アダチ

2017年6月9日金曜日

定例研究会


 こんにちは。
 3日前に定例研究会が行われました。
 今回のテーマは「脇袋丸山塚古墳」でした。

 帆立貝式古墳を初めて見ましたが、面白い形をしていて、前方後円墳にも様々な形があるんだなと思いました。
 出土遺物には鉄鏃と円筒埴輪、形象埴輪とみられる破片があります。
 実測図を見ましたが、円筒埴輪と形象埴輪の破片の区別がつきませんでした。
 
 今後は、前方後円墳についても学んでいきたいと思います。

研究会の様子

ナカムラ

2017年6月5日月曜日

 今回の考古学実習!


 こんにちは!
 この頃は天気が不安定なので体調に気を付けていきましょう!

 今回の考古学実習は室内で図面取りの練習をしました、内容は前回の講義で調べた個所をたよりに模造紙に書き出していく作業です。

 50分の1写し取っていくのですが、機械のように正確に行うのは人の手では難しく、最終的に完成した図面では誤差がありました。

 今回、どこでどう間違えたのか今後どうすれば誤差を少なくしていけるのかを考え次回以降の実習も頑張っていきたいです。

 今週の土曜日にはいよいよ研究室大会、気を引き締めて精一杯頑張ります!

 フクマ